ついてないことは、あるものです。

 

駅に向かいます途中で、少し安くで切符を買うことのできます機械は、今日も、使用が出来ませんでした。アン・ラッキーでした。ここ何日が、続けて使用が出来ませんでした。そして、しばらく歩きだしまして、もう一つの自販機で、少し安く電車の切符を1枚、買うことが出来ました。そして、人間とは、調子のよいものです、私の気分は、上向きました。

 

そして、またまた、アン・ラッキーな出来事でした。鹿と電車が、なんと、接触をしてしまって、電車の運行に、乱れが出てしまっていました。ホームには、たくさんの人でした。私は、イライラしないようにしました。そして、手に持っていました大好きなブラックコーヒーを飲みまして、心の中を落ち着かせました。慌てないことです。ゆっくりいこうと、私は、私に言いました。

 

続きまして、先日から大切にカバンの中にしまいまして、隙間時間に読もうと思っていましたパンフレットの残りを、取り出しました。それは、旅についての文芸のコンテストの入賞結果についてのそれでした。あいにく、残念ながら、悲しいながら、入賞者名に、私の名前はありませんでした。私の名前と、1時同じ方の名前は、ありました。そして、少し、ドキッとしました。